自転車

2008年10月20日 (月)

リカンベントのシートを交換してみた。

TSUNAMIのシートは標準でFRP製シートが付属していますが、取り付け方法に問題があるのか、固定部分からクラックが発生していました。固定部分にゴムワッシャーを噛し、シートの縁やクラック箇所は補強してごまかしていましたが、気になるので思い切ってシートを交換してみました。

Ca380168 同じシートに交換するのも芸がないので、奮発してカーボン製のシートをアメリカのショップから個人輸入してみました。ポーランドにあるリカンベント専門メーカーのVelokraft製カーボンシートです。

Ca380167 交換後、2000km経過しましたが、取り付け箇所が膨らんでいるものの、クラックは発生せず、かなり柔軟性があるようです。カーボンといっても、半分はケプラー繊維のようで重量は550g。FRPシートの約半分の重量です。ボトルケージもカーボン製のものをシートに固定しています。

Ca380166シートパッドは最近、同じショップから取り寄せてシートに合ったサイズと交換しました。Ventisit seat pad という製品ですが網状のナイロンパッドを重ねて編み上げたような構造で、通気性に優れ、 背中の群れも軽減しました。今の季節だとお尻が寒く感じるぐらいです。

Ca380170今まではシートにウエストポーチを括り付けていましたが、シート角度の問題でタイヤとのクリアランスに問題が出てきたので、リカンベント用のシートバックを購入しましたが・・・・これはアメリカ製のパチ物だったりします。

Recsolooptima4 本音は画像のRadicalDesign製のSOLOシートバックが良かったのですが、もう生産していないとの噂で注文したアメリカのショップでも在庫がなく、ちゃっかりコピー品を進められたので購入してみました。(20$安かったし(^-^;))

Ca380165 装着してみると妙にデカイです。バックの中のタグにはしっかりと、「MADE IN USA」のタグがあり、サイズもアメリカンサイズになっているようです。小さすぎるよりはマシですが、日帰りのサイクリングで使用するには大きすぎな感じです。他に代替品もないのでしばらく使ってみることにします。

Ca380171今回、紹介した製品はすべてアメリカのBent Up Cyclesで購入しましたが、パーツ販売なども融通が利く印象でした。(日本の○×△だとHPにしっかり価格まで掲載しているにもかかわらず、車体購入ユーザー以外に店頭販売してくれない場合もあります・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

TSUNAMIの現状・・・

当家ご来訪の皆様、暫くぶりです、前回の日記からなんだかんだで、一月過ぎてしまいました。その間何してたかって言うと・・・・自転車(リカンベント)を弄くっては走る、走っては弄くるの日々だったりしています。ブログのタイトルに「GUN」の文字を入れているので、「自転車ネタばっかりもなんだかな~」て感じでちょっと考えてしまうKOWです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・結局自転車ネタになってしまうんですけど。

TSUNAMIが納車されてからの三ヶ月、初日は「このままでいいじゃん♪」なんて思っていたものの、やっぱり弄くり倒す日々。

ドライブトレインはホイールを除いて全交換、アレを変えればコレが気になる上、シマノの価格改定で、給料日にパーツを買いに行く始末・・・・(何がどうなっているかは画像で想像してください)

Ca380094

Ca380092

Ca380095

 

Ca380097なんだかんだで、 ゴールデンウィークには手賀沼CRに行ってみたり。

Ca380090 渡良瀬遊水地まで走り込んでみたり。(自宅から片道65km)なんだかんだで、ドップリとリカンベントに嵌まりまくっている日々です。もうちょっとで気になる箇所の部品交換が終わる状態ですが、自分は臆病者?なのか、一つ弄くると走り込んで確認しないと駄目なんですね。もう暫く、TSUNAMIを弄くる日が続きそうです。

| | コメント (0)

2008年4月21日 (月)

キーロックの悲劇?

TSUNAMIにもだいぶ乗れるようになってきて、走行距離は800kを越えました。車体の気になる部品も殆ど交換し、乗車ポジションも出たのでチェックもかねて、関宿城まで走りこんでみた日の出来事です。

Cagt8695関宿城に到着したら、まず最初に、手ごろな場所に立掛けて、車体にワイヤー錠をかけます。人が少なくても、念のため用心することにしています。 ここで、一つの事実に気が付きます。
ワイヤー錠の鍵を忘れていることに( ̄□ ̄;)ピンチです、さすがに車載工具では外せません、って言うより簡単に解除できたら鍵の意味がないです・・・

関宿城の売店のおじちゃんに事情を話すと、利根川の向こう岸にホームセンターがあるとのこと。確かに向こう岸にそれらしき建物も見えます。ま、ウォーキングのつもりで徒歩で向かうことに。テクテクと歩いてるつもりでも、今は自転車専用のビンディングシューズなので、カツ、コツ、な感じでソールもプラスチックのため結構、足に響きます。
自転車に乗っている分には楽な靴ですが、これほどウォーキングに不向きな靴もないでしょう(;´Д`)

Caeg5nstようやく、目的の建物が見えてまいりました。大規模なショッピングモールのようです。初めて通る橋ですが、まさか徒歩で渡るとは思ってもいませんでした。

Cavrw1be やっとこさ目的地に到着。とりあえず何とかなりそうです。それにしてもこの辺りは車社会なのかとんでもなく駐車場が広い上、徒歩で来る人のことは殆ど考慮されてない感でした。ここでワイヤーカッターを探します。

で、往復で一時間以上かかって再び自転車に戻ってきました。いつもならば到着した時点で、軽い食事&休憩なのですが、食事は近くのマックでテイクアウトして歩き食い・・・殆ど休むことなく歩いていました。

Caobsuj3 ワイヤーを無事?切断・・・嗚呼、セーフマンよさようなら(つД`)数えるほどしか使っていないのに・・・三千円の鍵外すのに、2千五百円のワイヤーカッター買うなんて(´Д`)

結局この日は、先ほどの道のりを再び、TSUNAMIで走り、その後利根川CRを走りましたが、今ひとつ調子が出ず、引き返すことに。今度はもう少し前日の準備をしっかり確認して、渡良瀬遊水地を目指すつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

お散歩自転車(葛西臨海公園編)

白状しますと、初日では後方確認でふらついて、「土手に転落」先週は上野付近で、「群集監視の中、縁石に特攻、落車」けれども、車体、人間ともに元気なKOWです。

今回は江戸川CRのもうひとつの終点、葛西臨海公園を目指してみました。臨海公園を目指すには、江戸川CR右岸(東京側)を走り、旧江戸川を経由して向かいます。

Cablt3f2 リカンベントにも慣れてきて、思ったよりも速いペースで到着しました。自宅から休息込みで2時間ちょい。臨海公園は広い公園で、自転車でなくても楽しめる場所です。公園で軽い食事、休息を取ります。

Caj492v5 今回は「立ちゴケ」を恐れずに、ビンディングペダルを装着してみました。ペダルはSPEEDPLAY製の「FROG」オフロード用のペダルですが、KOWのような始めて使う初心者でも問題なく使用でき、緊急時には自然に外せる使いやすいペダルです。

Ca2v5x50 ちょっと物足りないので、臨海公園から荒川CRに向かい、帰りは市街地を通ることにします。ビンディングペダルを装着すると、足が車体に固定されているせいか、不思議と一体感があり、以前よりバランスがとり易くなり、引き足の効果で、巡航速度もいくらか速くなった感じがあります。

Cafqexv7 荒川CRを北上し、途中から14号線に上がります。そのまま秋葉原を経由して、上野公園で一休み。今までのサイクリングではニットキャップかバンダナを頭にかぶっていましたが、市街地の車道走行の危険性を考慮して、ヘルメットを被ることにしました。

この後は千葉県に向かい、6号線から江戸川CRを経由して、心配していた「立ちゴケ」も「落車」もなく、自宅に到着。ビンディングペダルによる効率向上のせか、それとも少しは筋力が付いたのか、前回よりは疲労も少なく、日記をその日のうちにつける気力がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

お散歩自転車(関宿城編)

あれから、ちょこっと町乗りの練習をして、日曜日は江戸川CRの終点を目指してみました。鉄砲ネタはもうしばらく、お待ちくださいませ。

冬場は、サイクリングはお休み状態なのですが、やっぱり休日は新しいおもちゃを買ってもらった子供と一緒で、江戸川CRにやってきました。お天気が良くても、風が強いせいなのか、ウォーキングする人や、ポタリングする人もみかけませんが、気にせず走り出します。

KOWは基本的に江戸川CRで終点の関宿城を目指す場合は左岸(千葉県側)を走ります。まるで、台風でも来たかのような向かい風がふいています。サイコンで速度を確認すると、15km前後の速度でよたよたと走ります。横風になると、車体が傾いたまま真っ直ぐ走れたり・・・・

Canhgth0 そんなこんなで、10キロおきに休息をとりつつ、向かい風の中を走ると・・・・グライダー滑空場から一キロ強、離れた地点でグライダーを発見。搭乗者と思しき方が2名、翼の下で日向ぼっこをしています。ひょっとして不時着なのでしょか?初めて見る光景です。

Cavmt3ld どうにか、終点の関宿城に到着。休息時間込みで3時間かかりました(;´Д`)正確には、「関宿城博物館」で売店もありますが、残念なことにお弁当が売り切れorz仕方ないので、コーンポタージュと限定品?のスイートポテトでおなかを満たします。

Caye5gp6 関宿城の隅っこに展示されている、水路浚渫機がお気に入りだったりします。アームの先端にドリルのような部品が付いていて強そうに見えます。水陸両用というのも何気にスゴイ感じ。エンジン二機搭載で475馬力、一昔前の戦車並みですね。

この後、利根川を走ってみますが、相変わらず向かい風が強く、一kmも走らないうちに気力が尽きて、引き返すことに。帰りは追い風ターボで楽チンの30km巡航。このとき、人が少ない区間で鬼漕ぎして、最高速度は44km。リカンベントは通常の自転車とは使う筋肉が違うせいか、最後まで踏み切れませんでした。

Cahqmnb3 帰り道は追い風が楽しくて出発地点を通り過ぎて、浅草の寅さん記念館まで走ってしまいました。日が暮れてきたので今日はここまで。この後はCRを降りて安全運転で帰宅。久しぶりに、100キロ以上走りこんだので、家に着いたらばったんきゅ~となりました。まだ寒い季節ですが、上半身はシートのスポンジで寒くなることも無く、足は寒さを感じる余裕も無く、予想以上に快適に走ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

お散歩自転車(試走編)

組み上がったので早速、各部の点検、タイヤのエア圧を確認してから、恐る恐るの初トライ。えーと、ハンドルの前に立って、シートに座って・・・効き足をペダルに乗っけてと、これで後は漕ぎ出せば走るはず、と。

あれれれれ、おととととと、うおおおおおっとっとととと( ̄□ ̄;)!!

乗れません、走れません、クランクを一回転できません
(;´Д`)

一瞬、「慣れるまで補助輪でも自作して付けちまうか?」なんて考えが浮かぶが、さすがにいい歳こいた大人が補助輪付きは恥ずかしすぎるのでとにかく冷静になってタバコを一服。何事も最初は大変なもんです(´ー`)y-・~~

とりあえず無理に漕ぎ出さず、シートに座って足でケンケンしてバランス取りを練習してみます。なんとなく感じがわかってきてから、次はシートに背を預けずに上体を起こした姿勢でペダルをえい!!てな感じで回すと・・・・・

おおお~走ったよ、ちゃんと走るよコレ!!
なんというか、初めて自転車に乗れた時の感動が蘇ってくる感じヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ

走り出せばシートに体を預けて、真っ直ぐ走ってみます。ギアチェンジも違和感なくできます。ゆっくりと自宅の周りを一回りして、異常がないか確認。この間、ず~と顔がにやけていましたよ。シートにウエストポーチをくくりつけて、最小限の工具類を積み込んで、江戸川CRに向かいます。

Ca7xjg1a ここまで転倒することなく、無事、CRに到着。町乗りではちょっと取り回しが悪く、勝手が悪い感じですが、CRを走るためにリカンベントを手に入れたので、ある意味、ここからが本番です。なぜ、リカンベントを選択したかといえば、見晴らしの良い視界&空気抵抗の少ないデザインです。江戸川CRは必ずといっていいほど、風が吹いています。必然的に、行き、帰りのどちらかは向かい風に立ち向かっていかなければなりません。

Cateso0j 今までは向かい風の時は少しでも空気抵抗を減らすため、背中を丸めるような姿勢で走行していましが、この時、視線の割合は「前方5/地面3/サイコン2」ぐらいの感覚で結構危なく感じる事もあれば、景色を眺める余裕も無かったりします。あくまで、サイクリングを楽しみたかったので、KOWの使用目的にはリカンベントはうってつけなわけです。サイコンもちょっと視線を動かすだけで確認できます。

立ち漕ぎができないため、坂道が苦手なリカンベントですがこのTSUNAMIはMTB用のクランク(DEORE LX M582 44-32-22)&ロード用スプロケット(TIAGRA 11~25)の組み合わせで比較的クロスレシオなギア構成なので自宅からCRの坂道で歩くこともありませんでした。CRのスロープ程度ならそこそこのペースで登れます。

新車なので飛ばさずにゆっくり、のんびりと流してみますが、今までより、走行ペースにムラが無く、一定の速度で淡々と走れます。ちょっとペダルから靴がずり落ちてくるときもあるので、もうちょっとシートの角度、クランクブームの長さを煮詰めてみる必要がありそうです。なれたらビンディングペダルを使ってみるのもよさそうです。

Cao0cb27 帰りの時間を考慮して、終点の関宿城までは行かずにグライダー滑空場の辺りで引き返してきました。天気の良い日に納車できたのが幸いでした。今年はこれで楽しい自転車生活が送れそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

お散歩自転車(組み立て編)

Ca149qeu気持ちよいお天気の日に、自転車が届きました。結構大きな箱に入ってきました。早速、組み立てて、走行可能な状態に仕上げます。組み立てといっても完成車なので簡単な作業で終わる筈です。埼玉県の、「CT’(シイテイズ) 」さんで購入しました。メーカー純正車ではなく、フレーム状態から組み上げた、カスタム車です。

Caqwwfbo 早速開封すると、サドルの代わりに、レーシングカートのような バケットシートが出てきましたよ?

Cadycy1g 車体は丁寧に梱包されていました。ちょっと低めの見慣れないシルエットですね。タイヤが前後で違うサイズになっています。

Caunag0u ライトとサイコン(サイクルコンピューター)を装着して、ペダルも取り付けます。クランクもちょっと変わった位置にありますね?

Caoeyrrgサドルの代わりにシートを装着。ハンドルバーを取り付けます。ハンドルというよりは何かの操縦桿のような形です。グリップはなぜか星条規ガラです。鉄砲好きのKOWにはお似合いですね。

Ca054uin リフレクターとサイドスタンドを取り付け。サイドスタンドはちょっと形が合わず、少し削りこみました。アルミなのであっという間に終わります。

Cax0czoa で、2時間ほどで作業完了ご近所様の注目の的でした。見慣れない形していますが、これでも立派な自転車で、リカンベントと呼ばれる自転車です。見た目とは裏腹に、従来の自転車には無い、ポテンシャルがあります。

Cau1f3ix 車種名は「TSUNAMI USS」ロードレーサーと同じ規格のリアタイヤ、小径車用の20インチタイヤの組み合わせで、シートはFRP、フレームはアルミ製。カタログスペックでは車重は11キロ台、通勤に使っているクロスバイクよりも軽かったりします。次回はドキドキ、びっくりの試乗編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

もうひとつの趣味

正月に連続で更新してから一月たってしまいました(;´Д`)

連日の寒さで鉄砲弄りは休業状態です。
だからといって当ブログを放置プレイするのも、見てくださっている方々に申し訳ないので、今回はもうひとつの趣味の紹介と次回予告です。

02_2 転職の過度期(2年前)に通勤用に自転車を購入し、それがきっかけで日の長い季節は自宅から江戸川の終点(関宿城or葛西臨海公園)まで日帰りツーリングを楽しんでいたりします。江戸川CRなら、1日で終点まで行って帰ってこれるので、
気晴らしにはちょうどいい感じです。

3

今現在、通勤&お散歩に酷使?している愛車です。エントリーモデルの安価な自転車ですが、結局もとの価格の2,5倍ぐらいのパーツ代をかけて弄くり回していたりします。結局残っているのはフレームとフロントフォーク、ハンドルぐらいです。後はこれらの部品を変えると完全に別物になっちゃいます。

購入した店の兄ちゃんには「これ以上いじくるならもう一台買ったほうがいいっすよ」と、いわれる始末 ( ̄д ̄;)
買いに行ったときはこれ以上高いモデルが店の兄ちゃんの私物(70万)だけで結局お手ごろなモデルを購入してしまったのですが、まさかここまで自転車にはまるとは思っていませんでした。

鉄砲と一緒で単純な構造でも、はまると結構奥が深く、弄くるのも、走り回るのも楽しかったりしますね。PCも自作機だったりします。既製品を買っても結局自分好みにしないと気がすまない性質みたいです。

で、「これ以上いじくるならもう一台かったほうがいいっすよ」なアドバイスを真に受けたわけでもないのですが、お散歩専用に、スポーツ車をネット通販で購入しましたので、次回はお散歩自転車を紹介する予定です。MTBでもなければ、ロードレーサーでもない、ちょっと変わった形の自転車です。休日がどうにか晴れますように、寒い野外で組み立てることになるので、雨が降ったら洒落になりません(´Д`)

| | コメント (3) | トラックバック (0)