タナカ

2007年9月11日 (火)

Glock 18 (タナカ)

モデルガンのタナカG18です。現在は生産していないので、レア物の部類に入りますね。フルオートのハンドガンは結構好きだったりします。

P1010012中古で購入しましたが、未発火で、新品同様のコンディションです。 

P1010008 スライドとチャンバーの段差が気になりますが、予備部品が入手できない為、手付かずの状態です。予備のバレルが手に入れば、発火用とディスプレイ用の2種類準備したいのですが・・・

P1010010

グロック独特のシンプルなメカニズム。
実銃同様、数点のパーツ追加のみで
フルオートメカが追加されています。
 

P1010007 この銃をこれから発火させるか、それとも観賞用に再仕上げするか、今でも悩むことがありますが、
踏ん切りがつかず、時折、手にとって弄っています。
モデルガン特有の感触だけでも楽しめるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

M60 chief's special

当ブログでは初のリボルバー タナカ製chief's specialです。
S&Wリボルバーでは、Jフレーム、特に2インチのチーフが
お気に入りだったりします。

P1010022_2光源にLEDライトを使用してみました。
100円ライターの底についている物ですが、
結構 役に立ちます(笑

P1010026_4 グリップはsafarirand製、
「木グリ風」プラグリップを装着。
そのうち本物の木グリに交換予定です。

P1010053ペガサスシステムの恩恵で、2インチでも、プリンキング程度なら十分楽しめる実射性能です。

P1010032銃本体はナイロンタワシで適当にヘアラインを入れて、銀磨きクロスで適当に磨いています。鍍金モデルは成型の良し悪しがはっきりと出ますが、このモデルは目立つひけもなく、良く出来ています。

P1010035_1オートの魅力がホールドオープン状態なら、
リボルバの魅力はスイングアウトの状態でしょう。
意味も無く、スイングアウトさせて楽しんでいます。

昔、サバゲーをしているときは、「最後の一丁」でマルゼンのPPK/S
をポケットに入れていましたが、いざという時に、ポケットの中で、
バラバラになっていたりしていました(汗)
今ゲームをするなら、この銃をポケットに忍ばせていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)