BWC

2007年11月26日 (月)

Glock32C(BWC)

一応、当家では初の海外メーカーの製品、BWC製「Glock32C」の紹介です。製造元は台湾のメーカーで日本国内の事情に合わせた変更がされている製品です。

P1010019今までグロックはすべて黒一色でしたが、趣向を変えてODフレームを購入してみました。これはこれで結構、良い感じがします。グロックではこの「コンパクト」が個人的に一番しっくり来るサイズだったりします。

P1010004画像では刻印がハッキリ写りません。これでも何回も撮りなおして頑張ってみたのですが(つД`)

P1010025拡大してやっと確認できるぐらい細くて繊細な刻印です。グロックのスライドの再仕上げぐらいなら一晩で余裕の作業なのですが、この刻印の為にいつもより慎重に時間をかけて作業しました。(^^;

P1010036「C」モデルの特徴であるマグナポート仕様のスライド。サイトは前後共にホビース商会のHEINIEサイトに交換しています。ガバメントも同じですが、サイトを交換するだけで銃の雰囲気も変わってきます。

P1010024この製品の残念な部分。大人の事情でフレームの刻印の一部が跡加工で削りとられています。
輸入品ゆえの処理のようです。

P1010029 ODモデルにはメタルアウターバレルが付属しますが、何故か刻印が「40S&W」になっています。銃が357SIG仕様なのでこれも残念な部分ですね。

P1010030 内部メカはマルイ製と互換性がありますので、エンジン及びハンマーメカ、トリガー等を交換しています。

P1010034外観はしっかりしているのですが、部品精度がまだ、日本製と同じレベルに達していない印象を受けます。部品加工でマルイと同レベルに出来ない事もなかったのですが、「コピー品」と言うことで内部はマルイのメカを移植しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

BWC caspian

P1010037 正月休みの間に製作した、BWC caspianです。

P1010038_1 グリップを中心にカスタムしています。グリップのチェッカリングを削り落とし、黒い小石を貼り付けた上に、サンドストーン塗装をしています。

P1010040 ハンマー交換、セイフテイレバーは形状を変更。グリップセイフテイもインデックス部にチェッカリング加工をしています。 

   

P1010045

 フロントサイトはフリーダムアート製に交換。 スライドトップには、反射防止のセレーションをいれてみました。            

   

P1010043

マガジンキャッチには30LPIでチェッカリングを入れてあります。

     

P1010042 評判の悪いリアサイトはKSC製に換装。

   

P1010036 内部チューンは、ファイアフライのロケットバルブ、甘口なまこ、マルイ製のインナーバレルを組み込んであります。

                

このほかにも、グリップセイフテイのキャンセル加工、トリガーチューンを施してあり、ヘビーウェイト製のスライドでも小気味良く動きます。コンバージョンキットの為、完成させるには高額な銃ですが、お勧めの一丁です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)