« 2008年12月 | トップページ

2009年1月21日 (水)

ガンスタンド製作講座?

100年に一度の不景気といわれる今日この頃、皆様の景気は如何でしょうか?自分の職場も例外なく、スンゴク暇です。暇でしょうがないので今回の鉄砲ネタは「簡単に作れる?ガンスタンド製作講座」です。

Ca380199 材料は4mmステンレスの線材。1メートルあれば余裕で間に合います。他には飾る銃を寸法取りのために用意します。材料代が気になる、加工が大変と思う方は鉄を使いましょう。

Ca380200 まず最初に必要な長さに線材をカットします。
細かいことは考えずに、長めにカットしましょう。

Ca380202 カットした線材を必要な形に曲げます。四辺を90度に曲げるだけです。曲げ台が無い方は万力に挟んで気合で曲げてください。4mmぐらいなら気合で曲がると思います

Ca380203  Rのついた曲げは適当なパイプ等があると綺麗に曲がります。写真は銃を支えるステーを曲げているところです。。(うちの社長は昔、万力とハンマーだけで曲げてたそうな・・・)

Ca380204曲げ加工が終わったら、余分な部分を切り取ります。寸法は現物合わせで適当です。この時点では歪みなどは気にしなくても大丈夫です。

Ca380205 次は組み立てです。組み立てにはTIG溶接機を使います。溶接機をお持ちでない方、職場にそんなもの無いやい(#`Д´)という方は知人、町工場に持ち込むとかで何とかしましょう。ロウ付けでも何とかなると思います。

Ca380206  溶接して、最後に歪みをとります。手で強引に曲げれば修正できます。

Ca380207出来上がってみるとなんか味気ないので2.5mm線で飾りをつけてみました。このあと、酸洗いして溶接焼けを取って出来上がりです。酸洗いが出来ないときは真鍮ブラシで磨くか塗装して仕上げましょう。

Ca380208 慣れれば一時間もかからずに製作できます。面倒な方は簡単な図面、イラストなどを用意して暇で仕事に飢えてそうな工場に丸投げするのも有り?です。

お暇な方、人とは違うスタンドが欲しい人はぜひ、頑張ってみてください。時間と気合があればホームセンター、東急ハンズにある機材で製作可能?かと思います。

| | コメント (2)

2009年1月13日 (火)

OAKLEY Flak Jacket

年末に注文した品が届き、ちょっとウキウキな連休を過ごしたKOWです。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

652886793_240 自分は近眼で寝るとき意外は、一日中メガネをかけっぱなしな人間です。普段はすべてがプラスチッックで出来た軽量なメガネを使用しています。メガネを掛けていることを忘れるぐらい、軽くてフィット感も良いのですが、自転車で散歩するとちょっと問題もでてきました。

ま、リカンベントなんて乗っていたら子供に騒がれ、指差されても、慣れてしまう・・・・・・・と思っていましたがやっぱり気になりますね(´・ω・`)


P1010289 精神的な問題はともかく、今の時期は風が目に染み込んでスピードが乗っている時は涙目になったり、日差しで前が見にくかったりで、ちょっと気になりだしてきたので思い切ってサングラスを購入してみました。

P1010293 選んだのは、OAKLEY Flak Jacket。個人的にはシューティング関係のイメージが強かったりしています。「散弾銃で撃っても大丈夫」ってホントなんでしょうか?

P1010295 近眼なので、レンズは当然、度入りのレンズです。OAKLEY純正なのでレンズの縁にOAKLEYのマークが入っています。

P1010296 レンズカラーはストレートイリジウム。レンズの形はXLJにしてみました。今回の撮影で初めてレンズを外してみましたが、思いのほか硬く、ちょっと手間取ったり。

P1010290 付属品はクリーナー兼用のソフトケース、ナイロン製のハードケースとサイズ違いのノーズパッド。ハードケースにはスペアレンズの収納できるようになっていました。

早速、寒風吹きさぶ中走ってきましたが、強い日差しでは、まるでポトショップで修正したような、普段使っているメガネより良く見えるぐらいの視界です。ちょっと驚いたのが、後方確認の時、レンズの縁でも像が歪むことなく見えたことです。

これで、ちょっとは騒がなくなってくれたかと言えば、そんなことはありませんね大人の反応はいくらか和らいだ気がしなくも無いですが、相変わらず、子供達には騒がれつつ、走る日々がつづきそうです。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ