« M1911 ブルーイングその五 | トップページ | もうひとつの趣味 »

2008年1月 6日 (日)

M1911(ブルーイングカスタム)

WA社製、M1911を自力でブルーイング処理してみました。
カーボンブラックと呼ばれる、HW材が採用されていますが、
今現在では一番染めやすいHW材ではないかと思います。

P1010002 HW材の銃をフルブルーイングするのは初めての経験ですが、何とか纏まりのある仕上がりになったのではないかと思っています。

P1010022 これは自然光での撮影です。今まで何度かHW材の染めには挑戦していましたが、今回のM1911でどうにかブルーの表情が再現できたと思います。

P1010139 グリップは標準ではニス仕上げでしたが、オイルステイン(マホガニー)で染めてみました。軍用銃らしい雰囲気になっているかと。

P1010132 アウターバレルは僅かな違いですが、1ミリ弱短縮してあります。ちょっとした加工でもイメージが変わってくると思います。

P1010117 チャンバーカバーは塗装してみましたが、もうちょっと工夫が必要な仕上がりになってしまいました

P1010113 亜鉛パーツは本体とは色味が合っていない状態です・・・いずれ、やり直す予定です。

P1010165 蛍光灯を光源にして撮影した画像ですが、どちらかといえばこちらの方が実際に見た感じの近い色合いです。

P1010101 今までHW材のブルーは苦手意識がありましたが、今回の作業でようやく、コツが掴めてきた感じがします。これで一つ、カスタムの楽しみが増えたかと思っています。

|

« M1911 ブルーイングその五 | トップページ | もうひとつの趣味 »

ウエスタンアームズ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。時折拝見させて頂いている者です。

ブルーイングされたM1911、いいですね。
M1911は何色でも、とにかく表面が光ってないと雰囲気が出ないと思っていますのでかなり好みです。

また亜鉛パーツの色を気になさっておられますが六研のワンオフの(時間が経った)スチールパーツと似た色味なのでなんだか堪らない気持ちになります(笑)。

投稿: およよ | 2008年1月 6日 (日) 22時42分

およよさん、いらっしゃいませ(*´∇`)

フルブルーが似合うガバはM1911になるかと思い、製作してみました。

亜鉛の染めは逆に今回の色をもう一度再現する方が却って難しいかもしれません(汗)

投稿: KOW | 2008年1月 7日 (月) 18時23分

おおおお~~!Σ( ̄ロ ̄lll)
けっこういい感じに染まりますね~

フルブルーイングとかは、久しく遠ざかってましたが、
こーゆーの見るとやりたくなってきました~

カーボンブラック製品、何か買ってみようと思います!(≧ ≦)Ω

投稿: 虚空弾道 | 2008年1月 9日 (水) 23時00分

虚空弾道さん、こんばんわです(*´∇`)

従来のHW材よりも遥かに下地処理は楽チンでした(^^;

極端な話、脱脂するだけでも結構、綺麗に染まってくれますので、それだけでもCBの存在価値?が有るかと思っています。

投稿: KOW | 2008年1月10日 (木) 20時39分

こんばんは~。

やっぱり、M1911には似合いますね、この仕上がり。
いいですぅ~!

P.S.
新年会の件で、メールしました♪

投稿: 子連れ狼 | 2008年1月16日 (水) 18時37分

子連れ狼さん、こんばんわです

お褒め頂、恐縮です(^^;
やはりM1911は光ってる方が似合いますよね
(*´∀`)

新年会の件了解です、
折り返し、メールしました(*´∀`)ノ

投稿: KOW | 2008年1月16日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/222932/9746391

この記事へのトラックバック一覧です: M1911(ブルーイングカスタム):

« M1911 ブルーイングその五 | トップページ | もうひとつの趣味 »