« M1911 ブルーイングその一 | トップページ | M1911 ブルーイングその三 »

2008年1月 2日 (水)

M1911 ブルーイングその二

前回(昨日)に引き続き、M1911のブルーイングです。
とはいっても突貫で作業しているわけでもなく、
お昼はお天気が良いのでのんびり散歩していたりします
(´ー`)y-・~~

P101003スライドの下地が完了した状態です。
すりつぶしはせずに、研磨のみで終わらせています。ブルーの下地処理よりは、塗装の下地にちょっと手間をかけたぐらいの作業量です。

P1010005ブルーイングには、バーチウッドのアルミブラックを原液のまま、刷り込みで使用しました。

P1010007何とか物が移りこむ程度には仕上がっていますが研磨が足りない部分も散見されます。
もうちょっと作業に工夫が必要みたいです。

P1010010実はHW樹脂のブルーイングはそれほど経験値もなく、CBを素材に選んだ理由もブルーのしやすさが理由だったりします今回は経験値を上げる 為、スライドとフレームでは少し作業内容に違いがあり、結果的にはスライドが比較的鏡面に近い仕上がりになりました。

|

« M1911 ブルーイングその一 | トップページ | M1911 ブルーイングその三 »

カスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/222932/9679796

この記事へのトラックバック一覧です: M1911 ブルーイングその二:

« M1911 ブルーイングその一 | トップページ | M1911 ブルーイングその三 »