« GP100その一 | トップページ | GP100 »

2007年7月27日 (金)

GP100その二

今週末にホビサプさんで「イーグルアイ」が開催されるので、試合に向けて、グリップのカスタムをしてみました。

練習?そんな時間はありません(キッパリ)
銃を自分色に弄るのが先決です( ゚ ∀ ゚ )

P1010002_2 グリップのすべり止めには「サンゴ砂」を使用。
東急ハンズで購入しました。砂の厚みを考慮してグリップを削り込み、エポキシで仮止め後、成型して瞬間接着剤で固めます。

P1010009_3 仕上げにはアサヒペンの「ストーン調スプレー」を使用します。
砂に合わせて色は「サンドストーン」にしました。

P1010010_3綺麗に仕上げるコツはしつこいぐらいに攪拌します。
新品では少し振ったぐらいでは攪拌玉の音もしないので、缶の底に玉の跡が付くぐらいがちょうど良いです。吹き付ける距離は遠めに離して薄く回数を分けて塗装します。

P1010025_3 で、何故か完成はになっています・・・・・
グリップ単体ではいい感じに仕上がったのですが組み上げるとイマイチなので黒のストーンスプレーでやり直しましたorz


P1010019_1 ストーンスプレーは皮膜も強く、貼り付けた砂の目を良い感じに潰してくれるので、砂を貼り付けた境目も綺麗に仕上がります。

P1010017_2 グリップ全体を自分の手に合わせて削り込み、一部だけ肉盛りしました。ついでにフィンガーチャンネルを追加。ABS板をグリップに切り込みを入れた上で、接着しています。

P1010021_1 完成度の高い銃ですが、残念ながらグリップはKOWの手に合うものではなく、ノーマル状態では手が痛くなる状態でした。今回の加工でストレスなく、グリッピングできます。

カスタムとは無闇にパーツを組むものではなく、自分自身の使い方、
考え方に銃を合わせるものだとKOWは考えています。

|

« GP100その一 | トップページ | GP100 »

カスタム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/222932/7298137

この記事へのトラックバック一覧です: GP100その二:

« GP100その一 | トップページ | GP100 »