« M60 chief's special | トップページ | LS南部再生 その二 »

2007年6月21日 (木)

LS南部再生 その一

P1010012_2 LSの南部14年式の途中経過です。
目立つ部分のヤスリがけが一段落しました。

P1010006_2 トリガーガードの一部が欠損しています。もともと強度が無い上に樹脂が完全に乾燥していて脆くなっています。

P1010003_2 ロッキングブロックも欠けています。

P1010008 マガジンセイフテイは元の形状がわからない状態です。補修の後がありました。再生するには時間がかかりそうです。

P1010014_2P1010015  銃身内部と、グリップには鉛が埋め込んでありました。銃口は閉鎖されています。

P1010010_2P1010009_2  今回の作業で、ウェーブの黒い瞬着を使用しましたが、加工性が良く、ひけを埋めるのに役立ちました。今後はトリガーガードとロッキングブロックを補修する予定です。

|

« M60 chief's special | トップページ | LS南部再生 その二 »

カスタム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

おお!ウチも南部のカスタム終ったばかりです(^ ^;)ゞ
ウェーブで黒い瞬着出てたんですね~
自分も今度買って見たいと思います。

マガジンセイフテイがァ・・・(>へ<)
微力ながらですが、もしよければ
”ハドソンの南部”があるので欠損部分の画像UPしましょうか?

投稿: 虚空弾道 | 2007年6月25日 (月) 10時34分

虚空弾道さん、こんばんは~です(^▽^*)♪
黒い瞬着+スプレー式硬化剤の組み合わせで
作業がはかどりました。プラリペアより安いのでお勧めです。

邪推ですがマガジンセイフテイは
前オーナーが実銃の部品と同じ形状に
加工しようとした形跡が見受けられます。

実銃の画像と分解図が入手できたので、
形状と機能は何とか把握出来ました。
お気使いありがとうございますm(_ _;;m
トリガーも脆くなっているので、形だけのダミーにしようかと・・・

投稿: KOW | 2007年6月25日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/222932/6865360

この記事へのトラックバック一覧です: LS南部再生 その一:

« M60 chief's special | トップページ | LS南部再生 その二 »