2009年1月21日 (水)

ガンスタンド製作講座?

100年に一度の不景気といわれる今日この頃、皆様の景気は如何でしょうか?自分の職場も例外なく、スンゴク暇です。暇でしょうがないので今回の鉄砲ネタは「簡単に作れる?ガンスタンド製作講座」です。

Ca380199 材料は4mmステンレスの線材。1メートルあれば余裕で間に合います。他には飾る銃を寸法取りのために用意します。材料代が気になる、加工が大変と思う方は鉄を使いましょう。

Ca380200 まず最初に必要な長さに線材をカットします。
細かいことは考えずに、長めにカットしましょう。

Ca380202 カットした線材を必要な形に曲げます。四辺を90度に曲げるだけです。曲げ台が無い方は万力に挟んで気合で曲げてください。4mmぐらいなら気合で曲がると思います

Ca380203  Rのついた曲げは適当なパイプ等があると綺麗に曲がります。写真は銃を支えるステーを曲げているところです。。(うちの社長は昔、万力とハンマーだけで曲げてたそうな・・・)

Ca380204曲げ加工が終わったら、余分な部分を切り取ります。寸法は現物合わせで適当です。この時点では歪みなどは気にしなくても大丈夫です。

Ca380205 次は組み立てです。組み立てにはTIG溶接機を使います。溶接機をお持ちでない方、職場にそんなもの無いやい(#`Д´)という方は知人、町工場に持ち込むとかで何とかしましょう。ロウ付けでも何とかなると思います。

Ca380206  溶接して、最後に歪みをとります。手で強引に曲げれば修正できます。

Ca380207出来上がってみるとなんか味気ないので2.5mm線で飾りをつけてみました。このあと、酸洗いして溶接焼けを取って出来上がりです。酸洗いが出来ないときは真鍮ブラシで磨くか塗装して仕上げましょう。

Ca380208 慣れれば一時間もかからずに製作できます。面倒な方は簡単な図面、イラストなどを用意して暇で仕事に飢えてそうな工場に丸投げするのも有り?です。

お暇な方、人とは違うスタンドが欲しい人はぜひ、頑張ってみてください。時間と気合があればホームセンター、東急ハンズにある機材で製作可能?かと思います。

| | コメント (2)

2009年1月13日 (火)

OAKLEY Flak Jacket

年末に注文した品が届き、ちょっとウキウキな連休を過ごしたKOWです。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

652886793_240 自分は近眼で寝るとき意外は、一日中メガネをかけっぱなしな人間です。普段はすべてがプラスチッックで出来た軽量なメガネを使用しています。メガネを掛けていることを忘れるぐらい、軽くてフィット感も良いのですが、自転車で散歩するとちょっと問題もでてきました。

ま、リカンベントなんて乗っていたら子供に騒がれ、指差されても、慣れてしまう・・・・・・・と思っていましたがやっぱり気になりますね(´・ω・`)


P1010289 精神的な問題はともかく、今の時期は風が目に染み込んでスピードが乗っている時は涙目になったり、日差しで前が見にくかったりで、ちょっと気になりだしてきたので思い切ってサングラスを購入してみました。

P1010293 選んだのは、OAKLEY Flak Jacket。個人的にはシューティング関係のイメージが強かったりしています。「散弾銃で撃っても大丈夫」ってホントなんでしょうか?

P1010295 近眼なので、レンズは当然、度入りのレンズです。OAKLEY純正なのでレンズの縁にOAKLEYのマークが入っています。

P1010296 レンズカラーはストレートイリジウム。レンズの形はXLJにしてみました。今回の撮影で初めてレンズを外してみましたが、思いのほか硬く、ちょっと手間取ったり。

P1010290 付属品はクリーナー兼用のソフトケース、ナイロン製のハードケースとサイズ違いのノーズパッド。ハードケースにはスペアレンズの収納できるようになっていました。

早速、寒風吹きさぶ中走ってきましたが、強い日差しでは、まるでポトショップで修正したような、普段使っているメガネより良く見えるぐらいの視界です。ちょっと驚いたのが、後方確認の時、レンズの縁でも像が歪むことなく見えたことです。

これで、ちょっとは騒がなくなってくれたかと言えば、そんなことはありませんね大人の反応はいくらか和らいだ気がしなくも無いですが、相変わらず、子供達には騒がれつつ、走る日々がつづきそうです。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

今年一年の出来事

今年はブログタイトルに「GUN」の文字を入れつつもリカンベントを購入してからは自転車ネタがメインの一年。

結構、銭つかちゃったな~車体価格(\170000)<改造費(怖くて計算していない)+ウェアー一式(結構お高いのね・・・)

2月から走り始めて現在の走行距離は4000kmちょい。うん、頑張ったと思うぞ、自分。寒くて鼻水が凍ったり、風が強くて土手から転落しそうになったり、水がお湯になって、メットが車のボンネットみたいに熱くなったり、ゲリラ豪雨で濡鼠になったりしても、楽しかったですね、思い返すと。

Ca380184 なんといっても、江戸川は景色が綺麗で道も綺麗、走っていて飽きないんですね。たとえ、吹きさらしで風が強くても、夏はサハラ、冬はシベリア、な状態でも。

Ca380193 トラブルもそれなりに経験しました。自転車乗って初めて、出先でパンク修理したり。

Ca380190 海外通販で怪しげな部品購入してみたり。写真のギアはスペインのメーカー「rotor」の楕円ギア。(思ったより普通に変速するのが驚き)

なんだかんだで、一日部屋に篭もることも無くなり、体重も以前より3㎏軽量化した状態で落ち着いています。その分、トイガン弄くる暇が無くなってしまいましたが。

結局、今年、購入したのはマルシンのウインチェスターM92一丁のみ。
去年が鉄砲買いすぎたかな?という自覚があったので今年は殆んど銃関連は手付かずでしたね、カスタムは正月にガバをブルーイングしたきりですし。脳内では、鉄砲関連もやりたいネタがぼちぼち溜まって来ていますので、時間をみて、ちまちまとマイペースで弄くっていく予定です。

今日でお仕事もお仕舞い。有難いことに、この不景気の中、ボーナスもでたので、思い切って、人生初めてのアイテム(ネタはまだ内緒、自転車でも、鉄砲でも使えるアイテム)と久しぶりに鉄砲を年末にのんびりと買いに行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

リカンベントのシートを交換してみた。

TSUNAMIのシートは標準でFRP製シートが付属していますが、取り付け方法に問題があるのか、固定部分からクラックが発生していました。固定部分にゴムワッシャーを噛し、シートの縁やクラック箇所は補強してごまかしていましたが、気になるので思い切ってシートを交換してみました。

Ca380168 同じシートに交換するのも芸がないので、奮発してカーボン製のシートをアメリカのショップから個人輸入してみました。ポーランドにあるリカンベント専門メーカーのVelokraft製カーボンシートです。

Ca380167 交換後、2000km経過しましたが、取り付け箇所が膨らんでいるものの、クラックは発生せず、かなり柔軟性があるようです。カーボンといっても、半分はケプラー繊維のようで重量は550g。FRPシートの約半分の重量です。ボトルケージもカーボン製のものをシートに固定しています。

Ca380166シートパッドは最近、同じショップから取り寄せてシートに合ったサイズと交換しました。Ventisit seat pad という製品ですが網状のナイロンパッドを重ねて編み上げたような構造で、通気性に優れ、 背中の群れも軽減しました。今の季節だとお尻が寒く感じるぐらいです。

Ca380170今まではシートにウエストポーチを括り付けていましたが、シート角度の問題でタイヤとのクリアランスに問題が出てきたので、リカンベント用のシートバックを購入しましたが・・・・これはアメリカ製のパチ物だったりします。

Recsolooptima4 本音は画像のRadicalDesign製のSOLOシートバックが良かったのですが、もう生産していないとの噂で注文したアメリカのショップでも在庫がなく、ちゃっかりコピー品を進められたので購入してみました。(20$安かったし(^-^;))

Ca380165 装着してみると妙にデカイです。バックの中のタグにはしっかりと、「MADE IN USA」のタグがあり、サイズもアメリカンサイズになっているようです。小さすぎるよりはマシですが、日帰りのサイクリングで使用するには大きすぎな感じです。他に代替品もないのでしばらく使ってみることにします。

Ca380171今回、紹介した製品はすべてアメリカのBent Up Cyclesで購入しましたが、パーツ販売なども融通が利く印象でした。(日本の○×△だとHPにしっかり価格まで掲載しているにもかかわらず、車体購入ユーザー以外に店頭販売してくれない場合もあります・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

M1 Garand

P1010270_2 サバゲーを辞めた今では数少ない長物コレクションの一つ、M1 Garand です。各社からモデルアップされていますが、唯一ブローバックしてクリップまで飛んでってしまうマルシン製です。

Ca380145まず、全体の写真から。自宅は狭いので某所で撮影です。ストックは一度、剥離して再仕上げしました。木製ストックの仕上げはこの銃が初めてで良い経験になりました。

 

Ca380143 この撮影で実物のクリップをお借りして、比較してみましたが、思いの外サイズはほぼ同じで仕上げが唯一惜しまれる点です。トイガン用のクリップはオプションのマグネシウム製です。

P1010280 装弾数はリアルカウントの八発。ギミックを楽しむ銃だと思っているので十分な装弾数です。

P1010281ちょっとコツが必要ですが、 クリップを実銃の雰囲気で装填します。

P10102828ミリBB弾は長いフィーディングランプを通ってチェンバーに吸い込まれます。ブローバックは早くないものの、射撃してみると結構、迫力があり、クリップが飛ぶのも面白いです。

P1010260 リアサイトは全稼動し、エベレーションノブにはしっかりと刻印が入っています。(同系列銃のマルイM14,ハドソンM14は省略されている)弾の飛びは怪しげな二重HOPも装備されていないので思いの外、弾道は素直です。最も当たらなくても飛ばなくても、十分に楽しい銃なので、サイトはモデルガン的な意味合いが強いと思います。

P1010266 トリガーメカはハンマーにマルイグロックと同様のローラーが付いていて、ボルトのフリクションロスを低減する工夫がされています。思った以上に良く出来ており、制約の多い構造でも実銃を模した造りになっているのは関心します。

Ca380144_2 正直言って取り扱いは少しデリケートな面があり、箱だし状態のストックの仕上げは目眩が起こる状態(黒っぽい仕上がりで染料が生乾き)でガスの燃費も極悪ですが、それらを差し引いても、弾の行く末は気にならない、撃って楽しい、愛着を持てる一丁です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

WinchesterM1892(polished Deep Black)

P1010224_4  マルシン製、ウインチェスターM92ガスガン。結構、昔から気になっていましたが、なんと無く、買い控えていた銃です。ウエスタンそのものに強い興味があるわけでもなく、純粋に「銃」としてのデザイン、機能に興味がありました。

Ca380124そっけないパッケージですが、個人的には派手なデザインでいかにも「鉄砲がはいっていますよ~」な箱よりもこちらの方が好みだったりします。結局、中身の銃が目当てなので、銃の雰囲気に合わない妙な箱よりもシンプルな方が雰囲気も出てるかと思います。

Ca380121 レバーアクションの銃はこれが初めてですが、数あるライフルの中でも「美しい」部類に入るかと思います。実際に操作した感触は、ボルトアクションよりも早く、慣れれば、ポンプアクション並か、それ以上の速さで速射できそうな印象でした。

P1010230_3  今回購入したのはpolished Deep Blackと呼ばれる仕様ですが、銃のイメージに合った綺麗な黒染めで処理されています。
長物を個人で綺麗に染めるのは至難の技なので、限定で多少高価でも頑張って買ってしまったりします。

P1010232 バレルの刻印はキチンと入っています。個人的には目立つ部分の刻印は多少、価格に反映しても構わないので、実物どおりに処理してほしい部分の一つです。

P1010235 マルシン、メイドインジャパンの刻印は目立たない、レバーに隠れる部分にあります。中には目立つ部分に自社の刻印を入れてしまうメーカーもありますが、興ざめする部分でもあるので、うれしい配慮です。

P1010243 ストックも本体にあわせた、綺麗な仕上がりです。着色もされていないので、亜麻仁油を刷り込んで楽しめます。

P1010226 余談ですが勤務先の社長の計らいで銃砲店に行き、数年ぶりに実銃をじっくり眺める機会がありましたが、ブルーイングで仕上げられた上下二連や、ボルトアクション銃は「黒い」仕上がりでした。「綺麗な蒼い鋼の色」はトイガン趣味特有の思い込みもあるのかと考えることもあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ガンショップ徘徊

久しぶりの連休でウキウキな一日をすごしたKOWです。とりあえず午前中は3ヶ月ぶりに散髪して、暑い午後に買い物にでかけます。目指すは秋葉原ですが、上野で電車を降りてぶらぶらと徒歩で向かいます。自転車で走り回るのも楽しいのですが、たまには歩くのも楽しいものです。

お目当ての鉄砲を探しにまずはサンコーに行くものの撃沈、すぐ近所の越後屋に向かい、これまた消沈・・・お目当ての銃と同じモデルがブルーイング状態で中古一万円でぶら下がっていたものの、ちょっと雰囲気が好みでなかったのでスルーして次の店に向かいます。

う~ん、この銃がブームだったのって自分が生まれる前だし、正直、エアガンとしてはイマイチな実射性能だし、取り寄せないと無理かな?なんて思いつつ、3件目のアソビットに到着。やっぱり?ありません(泣)めげずにお次はスーパーラジコンへ向かいますが、あれれ、鉄砲コーナーが縮小?な感じで残念に思いつつ店をでます。

この時点で汗だく、秋葉の店は一通り回ってしまったので、また上野方面に向かいますそう、ここまで来て、マルゴーに寄るのを忘れていたりします。これで駄目なら次は電車で赤羽フロンティア行きです。

遂に、マルゴーでお目当てのブツを発見(喜結局、秋葉~上野を徘徊しただけかもしれませんが、休日なので無駄な時間も楽しかったりします。

Ca380123帰りは自宅に向かわず、錦糸町のミリタリーベースで一休み。ここで開封してじっくりと戦利品を眺めます。 明日は少し手入れして細部の撮影でもしようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«久しぶりの日記です・・・